敗北を恐れぬ監督達ー結果至上主義からの脱却ー 杉山茂樹著

UAEとタイとの戦いを白星で終えた日本代表。この時期になるとヒーローは現れますね。今回大活躍だったのはベルギーのヘントというクラブですでにゴールを量産している久保選手、そしてUAE戦で故障したものの素晴らしいパフォーマンスを見せたのは今野選手でした。香川選手もタイ戦ではゴールを決める等、クラブでのプレー同様に好調ぶりが目に見えた形となりました。

そして叩かれているのは本田選手。これまではゴールで結果を出していましたが、今では出ているのが謎ということです。入った途端に流れが悪くなっている等の批判がでていますが結局誰かが叩かれるようでこれはWBCでも見られた光景でした。ただ本田選手に関してはパフォーマンス的にも「良い」とは言えないしSVホルンのクラブ経営等、横道にそれているような行動が目立ってしまっているのでそれが批判を増幅させているのでしょう。実際の所プレーヤ―ではミランでは干されているのに冬にミランから出なかったという事も周りを仰天させたのかもしれません。そしてハリルホジッチ監督も「出れるクラブに移籍しないと代表から外す」と言っておいて結局呼んだということも視聴者を困惑させたのでしょう。正直言って本田選手は凄い選手だと思います。だからこそ退くときに汚点を残してほしくない。このままではW杯本選出場した時、試合に出場することなく敗退したとしても
「本田の代わりに誰か入れていたらこういう事にはなっていなかった」
という憶測論で無理やり批判されかねない。その後に代表引退しても「だったらW杯前に辞めておけ」等と言われるのが目に見えて浮かぶ。今SVホルンやクラブ経営でやっていることは新しい事ばかりで将来日本サッカーに大きな遺産を残すかもしれない。だったらそっちに専念してほしい。これで外して日本が仮に代表が今後の試合で結果が出なかったとしても別に本田のせいにされることはない。もう代表からは引退してでも専念してほしい。

そして本田を外さなかったハリルホジッチ監督もですが、これまで岡田、トルシエ、ジーコ、オシム、そしてザッケローニと系譜を辿ってきた日本代表の監督ですが各々がどんな監督なのだろうかとことについて目を向けてみることにしました。その中で読んでみた本がこちらです。

“敗北を恐れぬ監督達ー結果至上主義からの脱却ー 杉山茂樹著” の続きを読む