香川ファイブアローズ戦 2日目

自分は現在繁忙期に入っておりまして、2日目はゆっくり休ませてもらいました。ただ現場は熱かったようですね。



2連勝!!

あの西地区の首位VS2位対決で喫した1敗。そこから立ち直るべくして臨んだ今回の香川戦。新たな船出は明るい話題が目白押しでした。自分が参戦した際はしびれるゲーム展開だったのに対し、今日は結構シュートの決定率が高かったようで序盤から結構点差が開いており、安定した試合展開だったようですね。



そして特筆すべきは

2日連続の2000人越え!!やべぇぜこりゃあ!!

まあ色々手を尽くした結果でしょう。掴みはOKでしょう。これ以上の無い勝ち方をできたと思います。リピーターを少しづつ増やしていければ良い。そして最大のかき入れ時はそう。

昇格プレーオフ

気が滅茶苦茶早いが改めて再掲載しておきます

B2プレーオフ
B2の優勝クラブは、各地区1位と各地区1位以外で最上位のクラブ(ワイルドカード)によるプレーオフで決定する。

  • 準決勝はレギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は2回戦終了後に5分ハーフの「3回戦(特別ルールあり)」を行う。
  • 決勝および3位決定戦は中立地での一発勝負とする。
  • 3回戦、決勝および3位決定戦で同点の場合、決着が付くまで延長戦を行う。




B1・B2間におけるクラブの入れ替え
B2の上位3クラブがいずれもB1ライセンスを所持している場合はB1の下位2クラブがB2に降格、B2の上位2クラブがB1に昇格する。またB1の16位とB2の3位とが「B1・B2入れ替え戦(中立地での一発勝負)」を行い、この勝者が翌シーズンのB1に参加する。

  • B2上位の順位はB2プレーオフの結果に則る。
  • B1下位の順位は年間勝率の下位4クラブが参加する「B1残留プレーオフ(下記)」で決定する。
  • 1回戦はレギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とし、1勝1敗の場合は2回戦終了後に5分ハーフの「3回戦(特別ルールあり)」を行う。
  • 決勝は中立地での一発勝負とする。
  • 3回戦および決勝で同点の場合、決着が付くまで延長戦を行う。

準決勝はホームでやれるかもしれない!!

という事です。福岡市民体育館の最大キャパをご存知ですか?

3500人です。香川戦の1日目が最多動員で2312人。さらにここに前回のホーム戦の青森ワッツ戦1試合分の観客を動員してやっと満員。

こうしてみると先は遠いかもしれません。しかし、突き詰めていかなくてはいけない。バスケ処の福岡。全国優勝の西福岡中、そして大濠高校、第一高校の人間が帰って来たいと思うような熱狂する箱を作らなければならない。




だが、凹んだのは今更やけど決勝及び三位決定戦が中立地・・・。

まあこういった大一番でコレっていうのは経営に易しくないですね。最終的な勝率ではなく、プレーオフを勝った者同士が同じ価値になるわけですから。各地区エリア別から順位を決めるという構造が少し影響しましたかね。

B.LEAGUEは設立されましたが、ブームが一つの所で始まると金が集まってるのが中央だけで地方はおざなりなんてことはよくある話。だからせめて勝率1位は決勝ホームでやりたい!!・・・といってもライジングもこの調子を維持できるかは分からない。突き進むしかないのも事実ですが。

ただ・・・逆に中立地でやるという事はこういう課題も問われているわけです。

オマエのクラブに本当のブースターは何人いるんだ?

サッカーでもそうですが本当のサポーターとか言って誇らしげになる人は自己満が過ぎて好きではない。だけど、その現場を福岡で支配してしまえば会場全てネイビーに染められるかもしれない。プレーオフの席チーム別にしきられているのかなど、仕様は不明ですが大勢で乗り込めばそこはホームです。今はその舞台に向けての準備期間なのかもしれません。

だとしたら満員の福岡市民体育館を1度は作っておきたいですね。

とはいえ、選手たちは1試合を勝つことに集中しているでしょう。

次節は

AWAY ならでんアリーナ

11月18日 土曜日 18:00

11月19日 日曜日 14:00 各時間にTIP OFF!!

VS バンビシャス奈良

 

香川ファイブアローズの選手、ブースターの皆様。ありがとうございました。AWAYでも存分にやり合いましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です