第2日目 VS 青森ワッツ戦

最近ではアビスパの速報追うのもストレスになってきた。今になってするべき話題ではないような批判まで出てきてしまう。

そんな陰鬱な博多の森を他所に10連勝中のライジングゼファーフクオカ。




やべえ・・・11連勝。

公式さんがヒートアップしすぎて勝ち数の計算も狂っちゃってるくらい勝ってます。




それにしてもここまで勝つとは。

第4Qの残り1分まで負けていたという事実ですよね。こんなヤバい場面で炸裂したNo.7 北向選手の古巣への1発。流石に向こうも去年までいた選手にやられるとは・・・と歯ぎしりしてそう。スリーポイントカウントプレーってのはシュートを撃った際、相手のファウルを受けた上でボールがゴールに入ってしまう。なので撃ったシュートはおそらく2点、そしてフリースローで1点といった感じでしょうかね。

・・・だとしたらフリースローメチャクチャ緊張したやろうな・・・。

ウェリントンが2発外してたけど、サッカーのPKといいバスケのフリースローといい・・・

動きのあるスポーツの中で誰が外したか、入れたかが丸わかりになる衆人環視の中のプレー、同じゴールの目の前から。

俺ならその状況に置かれた疲れだけで10時間は眠れそう(笑)

さて、11連勝という所ですが。

平日と人数があまり変わらないのはどういうことだ?2DAYS決めた人以外に新規の人が増えたという事なのか。この土曜はあいにくの雨。室内とはいえ足を運ぼうとするのも躊躇われる部分はあるかもしれないが、

連勝してもお客さんが増えないってなったら正直モチベーション下がるよ。



勝ち馬に乗りたがる男も女も変わらずビッチな福岡市の皆さん。何がいけないんだ?強い者に巻かれたがるだけが取り柄のアンタたちの心意気はどこに行ったんだ。勝てばいいんだろう?なぁ?サッカーなら勝ちを見にわざわざ鳥栖まで行くアンタら。別に福岡にすら執着が無いあなた方が、何故市内で勝ってるチームを応援しないんだ・・・。

・・・これも多分バスケ協会の業ですね。川淵が頭に座って新たな団体が発足しても

未だ状況は変わらない。

結局野球もサッカーもメディア戦略も長いメディア戦略のたまものなんだ。それはどこかで言ったかな。西日本新聞、そして西日本スポーツ。クソしょうもない社説や偏向丸出しの記事だけじゃなくて、野球や競馬一辺倒じゃなくて、

 

少しは面白いことして見せてくれ。今のお前らの記事欄には何にも期待してないんだから。




 

さて、次の試合 いよいよ11月に入って行きますよ。

2017年11月3日(金曜日)、4日(金曜日)。両日ともに14:00 TIP OFF

VS 愛媛オレンジバイキングス



11月最初のホームゲーム。11/11(土) 18:00、11/12(日) 14:00にTIP OFF

VS 香川ファイブアローズ

また見に行ってみようと思います。




P.S. たこ焼きはまだしも酒が飲めない席で焼き鳥・・・。コーヒー片手に飲める甘い系とかの露店無理かな。差別化も出来ると思うんやけど。

これ目の前で見せられて酒が飲めんとか生殺しですよ~。




“第2日目 VS 青森ワッツ戦” への3件の返信

  1. GAME2の66 – 69 からの展開は、
    北向の3ポイントシュートが決まり同点。
    バスケットカウント1スローで、
    これを沈めて70 – 69と逆転
    という展開でした。

    3ポイントも2ポイントも、決まったゴール後の
    フリースローは1スローとなります。
    シュートが決まらなかった場合は3ポイントライン外側
    でのファウルなら2スロー。内側なら2スローとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です