kyuリーグ 第16節 VS FC中津

順延していた16節が10月8日に禅海ふれあい広場にて行われました、相手はFC中津。ヴェルスパ大分(元HOYO大分)に続くJFL入りを目指しているクラブと言えるでしょう。ヴェルスパ大分は三菱自動車サッカー部の10番の濱中選手の古巣でもありました。実際興味がてら試合を見に行ったこともある為、メンバー表を見て「濱中?」と思ったら案の定同一人物でしたね。



1-2 敗戦

締めくくりとしては勝利と行きたかったのですが、まあ順位に変動はなく3位という好成績でkyuリーグの全日程を終えました。まあ上2つが押しも押されぬ強さを誇っていた為、この包囲網は厳しかったでしょう。取りこぼしが許されませんから。残念なニュースです。

J.FC.MIYAZAKIのkyuリーグ残留が確定しました。

降格という事では勿論ない。全国社会人サッカー選手権大会で優勝すれば地域決勝チャンピオンズリーグに出れるため、JFLに行ってくれる可能性があったのですがその全国クラブ選手権の1回戦でJAPANサッカーカレッジに敗れたため、その芽は摘まれてしまったといえるでしょう。こちらにとっても残念なニュース。九州を盛り上げるためにも昇格してほしかったという残念な思い共に共存するダークな本音・・・正直言って強すぎて目の上のたん瘤どころの話じゃないんですよ。両方にとって残念でしょう。向こうにとっては昇格を逃したのですから。

これでテゲバジャーロ宮崎がJFL昇格を逃したら完全に君臨されますよ、来年も。

 

Jリーグを目指すチームと、実業団としてしっかりやっていくチームでは、ノウハウがある限りその地域の影響力が違います。資金面でも違ってくるので選手の入れ替えも激しくなりメンツがガラッと変わるかもしれない、それも豪華な方に。そしてJ.FC.MIYAZAKIに関しては

U-18の設営をはじめました。やっぱりjリーグというのは人を集める。これに対抗しようというのは一筋縄ではいきません。

と言っても全国は広い。そして熱い。この2チームが全国規模の大会で序盤に負けてるんですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です