J2第15節 ザスパクサツ群馬戦 (in home) 

開幕戦の逆転負けで失望して以来、久しぶりの現地ですね。さて、首位に立ったアビスパ。相手は調子を上げてきたザスパクサツ群馬。いったいどうなったのでしょうか!!

始まりまし。ウチはサドから崩してウェリントンにクロスを上げるか、最後方からウェリントンに当て、こぼれ球をズドンと行く”THE WELLINGTON”って作戦つけてもいいでしょう。最初から攻め込んでました。ただ、チャンスメイクすれど決めきれません。逆に相手はマリアンプシュニク政権時代を思い出させてくれるようなハイプレスとカウンターによる速攻を武器としたサッカーです。でもいずれ決めきってあっさり勝てるだろう。ゴール裏もそうだし現場も何だか緩かった。その結果、


失点します。決めたのはカン・スイル。俺はこいつには一人マンマークでつけててもいいんじゃないかと思ってました。ところがディフェンス崩され、最後はカンと杉山の1対1。杉山が湘南戦で当たってたってそこまで精神を持っていくのに守備機会が少なすぎた。逆に相手GKの清水はドンドン止めていきます。まるで湘南戦の逆でした。帰り際にゴール裏のサポーターの方が階段上りながら言ってましたが的を得ていますね。そしてカンが決めたというのと先制点を取られたというのが大事な所。


DOZNのプレビューで高井選手・・・ピックアップされてましたがピンズドですね。前節ゴールを決めている選手です。今後も波に乗っていくでしょう。・・・あ?やられ方でしたっけ?別に言及はありません。似たような速攻からGKと1対1になって入れられただけです。

その後、ウェリントンが【いつもの!】と言わんばかりのパターンで前半の終盤に得点してくれました。ですが後半に言及するつもりはありません。ウェリントンにひたすら打ち上げるかサイドから崩してを何度もやるだけでした。逆にそれ以外ないから決断が早いと夢空間で中払さんが言ってましたけど逆に言えばそれしかない。

了。1-3

審判が相手よりだったとかいうのはほぼない。自分たちがやれることをやれず、相手はそれ以上の物のを出してきた。もう2点取られた時点で相手に飲み込まれていました。

ザスパクサツ群馬はここまでくるのに相当苦労したはずです。喜びもひとしおでしょう。そしてサイドバック阿部巧、朴ゴン、生き生きしてました。サッカーがマリアンっぽい所もあったのか昔を思い出す・・いや、それ以上のダイナミックな動き、そして働きでした。全体的に素晴らしいサッカーでした。試合終了後は阿部巧、朴ゴン、そしてさらに昔に在籍した松下選手とアビスパゴール裏に来てくれました。松下選手もクロージングの為の守備的MFとしてフィールドに立ち、3人共晴れやかな笑顔でした。ですが、まだJ2は中盤。ここで止まるのではなく、残留へ向け、突っ走ってほしいものです。
おめでとう。ザスパクサツ群馬。今日は素晴らしいサッカーでした。

アビスパ?ああ、失望させてくれました。生で見ると絶望も倍ですね。ウェリントンへのタスク低減がまるでない。もう15節費やしてるんですけど。何にも考えてなかったんでしょうね。出来ないの、ウェリントンに当てるしか。取りに行かなきゃいけないとこで相手にボール回されてましたけど。球際もゆっる!!1位にふんぞり返ってる場合なのでしょうか。きれいなプレーで勝ってけるとでも思ってたのか命がけの相手はガスガス当たってきてました。ブーイングも出てましたがね。

あれは貧乏な時のアビスパでしょ。

粗いって言われてましたよ。2014年。カウンターしかなくて守備はザル!!最後は疲れて大失速!!でも戦ってましたし、綺麗な速攻を決めたは時に希望を与えてくれました。ただその時をいい時代だったとは絶対言いません。今の方がいい。守備が杜撰でボッロボロ。その後井原さんが来てくれたことで希望が持てたんです。その事には今になっても感謝ですね。

そして2017年、経営は盤石になり、力のある選手も入ってきました。ただそこで失ったものがあるんです。ザスパはアビスパが失ったものを持っていました。相手が削ったときにブーイングですか。逆に相手つぶしてやれよ。相手は後がない気持ちで来てんだよ。気持ちを見せろが言葉だけになってしまってる。逆に3点取られた時チャンスとも思いました。ここを超えられたら凄いぞ・・と。逆にJ1に行ったチームはそういうアビスパをねじ伏せて行ったんです。でもウェリントンに当てる光景が延々と続く。ついてないと言えばそれまでですが、それ以前に出足や思い切りの良さで劣っている。

2位ですか。良かったですね。まあその順位も数字だけなので。最後にプレーオフ圏外も十分あり得る。井原さんにとってタスクがデカいならだれか参謀来てくれんかな。ここからどうなるか経過観察しましょう。

まだJ2は中盤ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です