J2第14節 vs ツエーゲン金沢 (in away)

前節、湘南ベルマーレから非常に貴重な勝ち点3をもぎ取ったアビスパ。現在2位。首位の横浜FCの結果によっては順位は入れ替わります。結果はどうだったのでしょうか。

5-0

点ってとれるもんですね。1点目はウェリントンが駒野のクロスから頭でぶち込んだ(いつもの)。

そして堤のクロスをウェリントンが持ち中、そして受けたポッピが石津にパス、そのまま右足一閃。

そして駒野のコーナーキックからまたウェリントン。いつもの流れで取れるのは良いですね。前半で既に3-0。後半に移っても流れは止まりません。

シュートの跳ね返りを途中交代の松田力、ウェリントンに当て、右に落としたところを右足ボレーで1点、さらに左サイド亀川の突破からのクロス、それを右SBで途中出場、中村北斗が中央に折り返し、そしてそれを相手がクリアミスし、それを右足で再び松田力!後半で2点をもぎ取って・・・

首位奪取[奪首]

ということでした。アビスパ福岡の首位は2007年のリトバルスキー時代か、2010年に第2節まで立て続けに2勝して序盤にポット立っただけであっさり転げ落ちて行った時以来。となるとじっくり価値を積み重ねていった今回はジンクス打破、懐疑的だった強さを本物にしていくチャンスかもしれません。

DAZN加入を考えてはいるのですが、あまり良い噂を聞きません。ぐるぐる回ってるだの映像ブツ切りだの。でも入ってみるのも一興か。

最高の週末!ありがとう!そしてがんばれアビスパ福岡!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です