2017年 アビスパ福岡 夢の終わり



に染まったスタジアムでアビスパ福岡の今シーズンの挑戦は終わった。

もう色々と語られつくされてこの1戦に言及することはまずありません。もう来季の人員整理も始まりました。

アビスパ福岡 契約満了選手のお知らせ

天皇杯で得点したことで行けるんじゃないかと思っていた中原貴之。ウェリの負担軽減にもなると思っていたんですが、今シーズンは出場機会も無いという。末吉にしたって三島にしたって行けると思う。濱田水樹も天皇杯だけみるのは納得できない。というか戦術がアレだった事もあって可能性を試してみて欲しい選手ばかりがこうやって出されてしまう。井原さんの戦術の閉塞感を打ち破ってくれる選手がいると思うんですが・・・もう彼らを来シーズン見ることはありません。




名古屋戦も期待してみていました。守備は固い、いや、硬く、堅いですよ。富安やウォンという期待の若手も入った。だが名古屋との攻めの引き出しは雲泥の差でしたね。名古屋には的ながらオオッという崩しのバリエーションがあった。福岡は見慣れた光景でしたが。それでも名古屋の攻撃に90分耐えきったというのは賞賛に値するものです。

ですが、その守備も維持できるかどうか。富安は海外志向がある。彼にとってもこれ以上2部でプレーしてほしくない。そしてウェリントン。前線での献身的なプレス、当たり負けないフィジカル、得点能力・・・彼の流失だけで甚大な打撃。ただもうプレーオフ終了時点、速攻で記事が出たところを見るに来年はいないと思ってます。




監督の続投要請は出るでしょう。悪くない、この守備の上に積み上げていくという上では不可欠なピースなのかもしれません。終盤失速したけれどもズルズルいかなかったともいえる。ただ問題は攻撃、それは明白です。もう4年目になる井原政権ですがJ1というフィルターを通してこの攻撃(ウェリ頼み)という答えを出した井原さんに攻撃の戦略立案は難しいでしょう。今年度はJ1昇格が必須という事で、敗北とのプレッシャーとも戦っていたのかもしれませんし。ともかく、攻撃の参謀を読んで欲しい。

何はともあれお疲れ様でした。

P.S.

ホームユニとアウェーユニっていうけど・・・アウェーユニって白が多いですよね。

青系VS青系だったら被るので避けられないんでしょうけど、今回のような赤とオレンジVs紺色だったら別にそっちでもいいですよね。そっちの方が分かり易いし。現に千葉もホームユニでプレーオフに臨んでいました。

審判が見易い方で臨んだ方がいいのではないか




なにはともあれ、夢は終わり、また現実は続いていくわけですね。そしてまた夢を見る!!来年こそは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です