カマタマーレ讃岐のこれまで

まあやってみました。前と同じように


フォーメーションはフットボールラボによると4-4-2。勝ちは第6節の湘南戦以来ありません。特筆すべきは引き分け7という多さ。ただ、負けが8というのは何かで躓いている証拠ですね。

GKは清水健太、瀬口拓哉の2人。ただオーダーの方は固定というよりは色々な所で選手を使っているようで工夫がなされています。例えば西弘則選手。フットボールラボによると右、左SBだけでなく、右ウイングバック、フォワードでプレーしたりもしています。

16試合連続出場しているのは中央での出場が多い永田亮太選手。14試合に出場しているのは李栄直選手ですね。ただそれ以外は唐突に違うメンツが入ったりFWがかわっていたりと工夫が見られます。いきなり次節からは違うメンツが出てきたりということが意外と多いのかもしれません。フットボールラボでは単純な4-4-2となっていますが人が変わればサッカーも変わるので・・・。

ザスパクサツ群馬よりなんか分析しにくいですね。

まあ分析といっても素人目なのですが、ある意味ザスパは一貫していたので・・・。

ただ讃岐は粘り強いというより勝ちきれないチームですね。

実力差や相性の悪さで沈んでいった試合はあるかもしれませんが終盤で追いついた試合があります。ただ同じように追いつかれた試合もあり東京Vや千葉といった力のあるチームに引き分けたり、でも最下位に甘んじるレノファには負けたりと・・・。まあ絶対的戦力がいないこのチームで色々やり繰りもきついのでしょう。ただギラヴァンツ北九州で散々点を取った原一樹などもいる為、嵌りようによっては湘南戦のようなことも起こり得るのでしょうけど。

今回はいつもどおりで勝てそう・・・。

この前は首位にふんぞり返ってましたけど・・・もうザスパに喝入れられたので・・・というかホームでまた同じような試合してたらザスパ戦後に珍しく温厚だったゴール裏からも火が出るかもしれません。

明日は頼みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です