高円宮杯プレミアリーグ 第14節 vs 阪南大高校戦

 

少し寝坊してしまいまして、起きたのは10:30。寝坊したのを自覚し、現地についたのは11:30でした。人工芝の照り返しもきつく蜃気楼が出ていました。こんな過酷な所で走るスポーツをやるのかと思いましたが条件は相手も同じ。

グラウンドに入った時既に0-1だったのですが、試合のコートに移動しながら遠目に見て白いアウェイユニフォームが歓声を上げていたので、0-2になったところでした。そこで前半終了。

自分が見ていたのは後半スタートからでした。詳しくは写真付きでばっちりこちらのブログでやってくれるでしょう。

最終スコア 1-2 敗戦。

相手は勢いづいていたのかガンガン声でてました。前半で2失点といえども2点差は危険だともいえます。そこを突いていきたかったのですが、阪南大高校は後半もしっかり走っていましたね。セカンドボールの奪取率でも敗けていました。そしてアビU-18は前線でボールが収まらず、相手の圧をもろに受けているような感じもしました。前線でボールを奪われるのが怖いのか、奪われた当事者になることに恐怖しているのか、0-2で負けた場面にもかかわらず、守備の事で頭がいっぱいになっていたようです。後半になって背の高い4番の子と7番の子を二人投入して1点とりましたがその頃には相手の足も止まり気味。さすがに全部全力でってのは無理でしょう。最後はコーナーで時間を目一杯使われました。

中学や高校生の頃のサッカー部って横着で幅利かせていた印象があるのですが、そういう子の方がああいう場面では強いのかも。相手チームの選手からはチラホラそういう雰囲気がして懐かしかったような気がします。ただプロクラブのエンブレムを背負って、同じユニフォームきてプレーしている以上、そんな真似されて評判下げられてもね。そういう事ですよね、看板を背負うっていうのは。

要するに・・・酷だけどメチャクチャ勝って欲しかった。厳しい状況だから、降格寸前だからってことだけじゃなくて私情も含めて。それはトップチームにも同じことがいえるので、それを高校生に強いるのも酷な話だ。とにかく切り替えるしかない。

次も頑張れ!!アビスパ福岡U-18!!

次節は順延していた

第13節 vs セレッソ大阪U-18   2017/11/23 13:00 in 舞州

そして

第16節 vsサンフレッチェ広島F.C.ユース 2017/11/26 11:00 KO in 吉田サッカー公園 

・・・体力的にも精神的にも地獄の連戦ですね。

帰り際、遅めの昼食を一楽ラーメン名島本店にて。昔は名島亭があったため、それ目当てで行ったら移転していました。わざわざ現地に行ったけど奥まったところにある上に駐車場の空きが無かったためここへ。

味噌ラーメン(630円)旨かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です