アビスパ福岡 J2第8節以降の話

長い事失踪しておりました。私事で就職したという事で色々葛藤がありつつも、整理がついた感じです。
今節最大の勝利を掴んだアビスパ福岡。とはいってもここまで来たのは順風満帆でもなかったはずです。という事で自分の中での振り返りも含めて書いていこうと思います。

 


J2第8節 vs 水戸ホーリーホック戦 (in away) 1-1

失点シーンは押し込まれた形でした。とはいうもののそのきっかけになったシュートが枠をとらえていた上に強烈。林が冷静に押し込みました。当時は杉山に懐疑的な評価がありましたがこれを防げというのは難しかったでしょう。しかし後半、ジウシーニョのクロスをポッピがスルーし、ウェリントンが決めました。珍しく足でのゴール。ですが結果は引き分けでプレーオフ圏内から退いたこともあり、戦力補強に費やした金と生じた期待、そして実際の結果のイメージがあまりにも合っていなかったころです。

J2第9節 vs 東京ヴェルディ戦 (in home) 1-0

スポンサーである株式会社ピエトロの社長がお亡くなりになったという事で喪章をつけてのこの試合。走り出した駒野がクロスを上げ、そこにウェリントン。久しぶりのウノゼロ(1-0)勝利という事でこの辺から上昇の兆しを感じ始めていた頃でしょう。

J2第10節 vs 徳島ヴォルティス戦 (in away) 1-2

やっぱりマークされますよ。一応昇格候補ですからね。ただ実藤がクロスを見事決めただけに勝ちたかった。ですが徳島は反撃開始、杉山さん、一本目無理だったかな~。福岡は末吉がフリーキックを蹴るがファインセーブに阻まれる。そして最後はカメのボールロストを奪った内田がそのまま持って行ってシュート・・・。いいシュートでした。見たくなかったですね。

J2第11節 vs 松本山雅戦 (in awey) 1-0

左サイドから亀川が中央にボールを供給しウェリントンのボレー・・・。頭だけじゃないね彼は・・・ただほかの選手もうちょっと頑張れって言ってた頃です。ただ岩下が故障から復帰したのもあってここからディフェンスラインが安定し始めます。ゴールデンウィークの試合を2勝1敗で終えました。

J2第12節 vs ファジアーノ岡山戦 (in home) 1-0

終盤にウェリントンの頭イッパツ。ただそれまで相当攻め続けていました。シュート19本という事で、決定力の無さと言えばそれまでか。ただ攻め方にバリエーションがでてきたのかチャンスは増えたみたいですね。後はそれを生かすだけ。

J2第13節 vs 湘南ベルマーレ戦 (in away) 3-0

予想外。決定力云々は上で言ってましたが真逆。少ないチャンスをものにするというアビらしからぬ試合に平日から笑いが止まりませんでした。チャンスが多かったのは湘南です。もう責められまくっていたのを杉山選手がファインセーブ連発。そして三門がスーパーゴールを決め、そして駒野のクロスから城後。・・・アシストと言えば駒野、ゴールと言えばウェリントン。につきます。この勝利によって2位浮上。・・・ただ相手は故障者とターンオーバー(シーズンをやり繰りするための一環。疲れている選手を休ませること)によって主力を若干欠いていたため万全とは言えないでしょう。ですが、上位対決でそれをやらなければならなかったのかと問えばクエスチョンマークが付きますが。

そして今節へと繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です