ラグビー大魂(DAI HEART)

実際ラグビーって思ったほどスポットライト当たってないな何て思って構想にはあったんですけど

自分はあまりにもラグビーの事知らなすぎるな。

と思いました。ラグビーはコカ・コーラレッドスパークスの試合は見に行っていますが実際の所細かい所はよくわかりません。そこでやっすい古本屋で一冊の本を手に取ってみました。自分としてはクラブラグビーリーグの事について書かれた本がいいなと思いましたがない上に普通の本屋行ったらいまだに五郎丸選手の本が多数を占めてたり・・・(ここまで影響を及ぼした選手にこのまま終わってほしくないとも思う)。

そんな中目についたのがこの本でした。

 

熱い

 読んでいるだけで火を吹きそうな言霊の数々。しかものっけから福岡県高校ラグビーの決勝からという話題からすぐに入り込んでしまいました。この著者の並々ならぬラグビーへの熱意が伝わってくるようだった。

それも単調じゃない。色々な角度からものを見ている。実際過去にスポーツをしていた私ですが思う所が多々あって共感するしかなかった。花園(2回戦)を見よ。などはもう読み入った読み入った。ある長所を伸ばせばある部分が足りなくなるという悩み、葛藤・・・そして常に付きまとうタイムリミットを敵として意識した書き方は思い悩んだ学生時代を思い起こさせた。(ちなみに時間がいくらあろうが俺は間違った方向にしか行かなかっただろう。バカだから)

そして文章もきれいだ。耐えることの無いボキャブラリー、比喩表現は読む側を退屈させない。ラグビーは確かにボディコンタクトの多い「熱い」スポーツだがなよった仕事ついでにラグビーの熱さをアピールするようなキャスターの言葉とはこだわりも思いも物事を見る角度の多彩さもまるで次元が違う。いや、比較することすら失礼だ。残念なのは社会人になって熱も失せてしまったこの時間帯で、これを手に取ってしまった事だ。このテンションで、学生時代にこれを読んでいたらまあ感動しただろうし翌日からのトレーニングの入り方すら違っただろう。

藤島大さん。ありがとうございました。ほかの著書も読んでみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です