サッカー「観戦力」が高まる 清水英斗著

サイトの広告をサッカーに関連する所にどんどん持っていこうと思い、七蔵というスポーツ観戦のできる居酒屋に持ち込んでみたところOKついでにご主人が色々な話をしてくださいました。アビスパの山形戦前の練習でのことだったのですが、

「パスの際にボールがバウンドする回数が多い」
「J1に落ちてきたのに意識してやれているのか」

とご本人もサッカー経験者だという事で深い視点で見られていました。やはりサッカー未経験者同然の自分としてはパスが通った、持ちすぎだ等と色々言っていましたがやっぱり経験者の見方は違うなと思います。 そういえばサッカーを始めたばっかりの頃に買った本があったなぁと思い、読んだ後に紹介してみようかななんて思って手に取ってみました。

情報量が多くて頭に入ってこねぇ・・・。

サッカーを数年かじったことによりイメージは出来ていたのですが連続して読むと専門書のようになって頭が痛くなってしまいました。これは野村ID云々の本をサッカー経験者の方に読ませて理解できるかと問うようなものでした。そういえば最初に買ったのにどうにも読み進める気がしなかった理由を思い出してしまいました。

ただ、素人の視点からなので経験者の方々がサッカーを深く見たいと思う方にはすごくいい本ではないかと思います。経験者の方です。素人には進めません。この本の重きはプレイヤー視点でフィールドの動きをとらえるという点で描かれているためであり、筆者の相当な知識量と観戦した試合の数の膨大さがにじみ出てくるようでした。なのでそれを素人の脳内回路に焼き付けようとしたところで基盤が出来てない人間の頭はヒートアップしてしまいます。ただ何となくイメージできるように書いてあるところに筆者の力量というのを感じます。大半は海外サッカーや日本代表です。CSでやってるリーガやプレミアリーグとかセリエAが中心なのでそれはレベルが高いでしょう。日本代表は海外の選手を出したときに日本代表ではこんな選手が該当するよといった書き方を去れている場合も多くいい書き方だと思いました。

ただ私には重かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です