Jリーグから福岡市の社会人サッカーリーグまで

はじめまして。皆さん。日本サッカーのピラミッドってどんな感じか知ってますか?

ざっとこんな感じです。

J1からJ2、最近できたJ3と来て既にもう怪しくなってきたでしょう(笑)

J3の下はプロを目指さない企業クラブとプロクラブを目指すアマチュアクラブがひしめくJFLというカテゴリがあり、ついこないだ開幕しました。

JFL なんてアマチュアかプロかもわかんねぇような奴らじゃねぇか・・・とか言ってくれるな間違っても。そこでも熱い戦いが繰り広げられるのは勿論の事、そこに至るまでには過酷な戦いがある。


その下には九州、中国、四国、関西、関東、北信越、東北、北海道の8つのリーグが存在し、そこの優勝チームと全国社会人サッカー選手権大会 の上位チームだけが、全国地域サッカーチャンピオンズリーグと言われる大会に出場できる。(3/27訂正、なんと、東海社会人サッカーリーグを忘れていた。合計9つの地域リーグということになる。・・・・・・申し訳ない。)そこを勝ち上がったチームが晴れてJFL加盟チームだ。
うん、たいがいの人は知らないと思うが日本で一番過酷な大会と言われているがだ~れも知らん。別にそんなことは知らなくても何も困らない。

じゃあ福岡のある九州まで下ってみよう。 kyuリーグと言われる九州リーグは福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄のチームで成り立ち、そこにあがるのにも九州各県サッカーリーグ決勝大会(一発勝負のトーナメント)を勝ち上がらなくてはならない。

言わずもがなその下もある。kyuリーグに上がるには各県リーグの頂点に立たなきゃいけない。ということで登場するのが福岡県社会人サッカーリーグ。人口が多いだけあって2部まである。ここまでだろう、Webでやりくりできるのは。県協会のサイトに飛べばどのチームが県リーグに上り詰めたかなんて話はすぐに分かるし、そこでサッカーしたいなんて人には連絡が取りやすい。

ここで取り扱うのはもう地方のサイトでも情報が十分に得られない。そんなピラミッドの底のお話。

福岡地区社会人サッカーリーグの情報を掲載しようと思います。

なんで唐突にそうなるのかというと自分が社会人サッカーやったときにあまりにも情報が少なかったからです。一応社会人がやっていることだししっかりと運営されててサイトもしっかり用意されてるもんだと思っていたらかなりそこら辺がラフでして。自分のリーグの立ち位置すら明記していないところもあるし読んでいる方も混乱しました。
そしてチーム単位になるとまずどこで練習しているか書いてくれて無いしサイトは消えてる所がある。geocitiesで何か月も更新がありませんというのが多発。
チームがあるのか無いのかも分からず手当たり次第に公園とか探して回るわけにもいかない。
結局チーム間でコネクションを持った人しかサッカーが出来ないという状態。まず認識違いを
正しました。ロクに情報なんかないのだと。そういう事でチーム探しには苦労しました。
これが第一。

もう一つは頂点から底まで繋がっている構造してるのサッカーだけだという事でした。 上と繋がったサッカーを大人になってもやれる・・・。そしてサッカーでそこそこやれていれば中々試合に出れてなくても試合に出るチャンスもあります。サッカーって言っておりますがチームは高齢化の一途をたどっており、若い人が欲しいってチームが増えてきています。そして逆にそういうチャンスがあるんだと分かってサッカーしてたら学生時代に無理してキャリアを終える人も少なくなるんじゃないかと思うんです。だってしっかりとしたチームに入ればずっと上を目指したサッカーができますから。

ということで私が見る人もやる人も情報が得られるようなサイトを作りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です