vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

やばい。

7-76 敗北

これを見る限り手も足も出なかったようで。正直言ってキツイ。得点は試合の中で競っている中で生まれたものではなく、試合の決した後の弛緩した雰囲気の中で生まれたもの。内容も結果も悪化の一途をたどるばかり。去年のアビの名古屋戦のTwitterがこんな感じだったんですが、現地にいたスパークスのファンはエキサイトする暇なんかあったでしょうか。前半1分と前半15分から16分の間にもう速攻でやられている。後半も20分と24分に立て続けに。これほどまでにヤバいのは見たこと無いと、6年前からファンやってる人も言っていた程。ただ、次節の試合は間が空きます。その理由がこちら。

ウィンドウマウス とな?と思い調べてみたら。

◆ウィンドウマンスってなんだ?

そもそもウィンドウマンス(Window Month)とは、ワールドラグビー(WR サッカーでいうFIFA)が定めるテストマッチ(国と国との真剣勝負)期間で、毎年6月と11月です。6月は北半球の列強国(主に欧州国 イングランドなど)が南半球へ1ヶ月のツアー&連戦を行います。これは決まりで、伝統です。

上の文章はこちらのサイトを丸々引用しました。より詳しく記載しております。

ということです。ですが、今年は世代の入れ替えということでベテランを多く欠いているレッドスパークス。そのうえでキャンプを重ねてコレです。ただこのまま連戦連戦でズルズルいくよりはマシかもしれません。

切り替えていきましょう。

次の試合は

2017年12月3日(日) VS トヨタ自動車ヴェルブリッツ

 

えがお健康スタジアム(熊本)

14時00分K.O 

繰り返し言います。切り替えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です